内臓脂肪を減らすサプリ|内臓脂肪を落とすサプリメント特集

 

内臓脂肪を減らすには?機能性表示サプリで内臓脂肪を落とす!

おなかがぽっこり出てしまう原因の1つ、内臓脂肪。

 

食事が不規則だったり、飲酒の席が多かったり、運動不足が続いたりすると、落としたいと思っていても、なかなか落とせないものです。

 

そんなときに便利で効果的なのが内臓脂肪を落とすことができる葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメント。

 

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を防いで体脂肪の燃焼を促進し、内臓脂肪を減らす効果が科学的根拠によって裏付けられている成分です。

 

こちらでは、葛の花由来イソフラボンを配合し、機能性表示食品として認められた、信頼度の高いサプリメントのみをご紹介。

 

またサプリで内臓脂肪を減らした管理人の体験談や内臓脂肪を減らす方法についても詳しく掲載しています。

 

内臓脂肪を減らすサプリメントを活用しながら、ぽっこりお腹を解消し、引き締まったウエストを目指していきましょう!

 

内臓脂肪を減らすサプリメントランキング

内臓脂肪を減らすサプリメント1位

内臓脂肪を減らすサプリメント

シボヘール

販売者:株式会社ハーブ健康本舗

初回価格:980円(税込)

定期価格:2,808円(税込)

シボヘールのおすすめポイント

シボヘールは、1日で35mgの葛の花由来イソフラボンを摂取できるサプリメント。

 

内臓脂肪を減らすサプリとして発売以来、

  • ぽっこりお腹を解消したい方
  • 体重を落としたい方
  • ウエストを細くしたい方
  • 生活習慣病を予防したい方

など、お腹の脂肪が気になる方に爆発的に売れている人気のサプリメントです。

 

定期コースだと、初回980円で3カ月分6,596円と他の商品よりもコスパがいいのもおすすめポイント。

 

効果を実感できるまで無理なく続けられます!

管理人のシボヘール体験談はこちら

内容量

120粒(約1カ月分)

1日摂取量及び含有量

4粒 35mg

1日当たりの価格

約93円

表示許可

機能性表示食品 届出番号B56

許可された機能表示

本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方BMIが高めの方お腹の脂肪が気になる方ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

 

内臓脂肪を減らすサプリメント2位

内臓脂肪を減らすサプリメント

葛の花イソフラボンスリム

日本第一製薬株式会社

初回価格:1,480円(税込)

定期価格:5,780円(税込)

葛の花イソフラボンスリムのおすすめポイント

葛の花イソフラボンスリムは、内臓脂肪を減らす効果のある葛の花由来イソフラボンだけでなく、

  • 小金生姜
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ナイアシン

を配合。

 

美容と健康維持に必要な栄養や1日分のビタミン類を4粒で摂取できます。

 

定期コースは回数の縛りもなく安心

 

お得な価格で内臓脂肪への効果を試してみてください!

内容量

120粒(約1カ月分)

1日摂取量及び含有量

4粒 35mg

1日当たりの価格

約192円

表示許可

機能性表示食品 届出番号A163

許可された機能表示

本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方体重(BMI)が気になる方お腹の脂肪が気になる方ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

 

内臓脂肪を減らすサプリメント3位

内臓脂肪を減らすサプリメント

葛の花減脂粒

株式会社全日本通教

初回価格:1,850円(税込)

定期価格:2,960円(税込)

葛の花イソフラボンスリムのおすすめポイント

葛の花減脂粒は、ウエスト周りが気になる女性に人気のサプリメントです。

 

葛の花由来イソフラボンはもちろんのこと、アミノ酸が豊富な黒酢もろみをブレンド

 

脂肪燃焼をサポートして、内臓脂肪や皮下脂肪を落とし、お腹周りをすっきりしてくれます。

内容量

96粒(約1カ月分)

1日摂取量及び含有量

4粒 35mg

1日当たりの価格

約95円

表示許可

機能性表示食品 届出番号A142

許可された機能表示

本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方体重(BMI)が気になる方お腹の脂肪が気になる方ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

 

内臓脂肪を減らすサプリメント比較表

商品名

初回価格

定期価格

1日分の価格

シボヘール 980円 2,808円 約93円
葛の花イソフラボンスリム 1,480円 5,780円 約192円
葛の花減脂粒 1,850円 2,960円 約95円

内臓脂肪を減らしたい管理人がシボヘールを飲んでみました

内臓脂肪,サプリ,減らす,落とす,皮下脂肪

 

私は現在59歳のサラリーマンです。

 

毎晩、ビールで晩酌という生活を30年以上続けた結果、今ではこんなにぽっこりお腹に。

 

 

あまり気にはしていなかったんですが、血液検査で尿酸値に引っかかり、内臓脂肪を減らすよう医師から指導されました。

 

そこで、ビールを糖質ゼロのものに変えたり、「内臓脂肪を減らすには」でご紹介している食事法や運動法を取り入れてみたものの、なかなか結果が伴いませんでした。

 

もうちょっと食事を減らさないとダメなのかなと完全に凹んでいたとき、妻が年間購読している「日経ヘルス」という雑誌の機能性表示食品のページに目が留まりました。

 

それが葛の花由来イソフラボンについての記載です。

 

 

葛の花由来イソフラボンを配合したサプリを飲むことで、体重やウエスト周囲径、そして内臓脂肪を減らす効果が期待できるという記事でした。

 

そこで、早速ネットで葛の花由来イソフラボンのサプリメントについて調べ、シボヘールというサプリを発見。

 

初回価格が980円と他のサプリメントよりも安かったので、とにかく飲んでみようということで購入してみました。

 

2017年1月4日から2月4日まで1カ月、毎日欠かさず飲んだ状態がこれです。

 

 

自分でも最近、お腹周りが少しスッキリしてきたなとは自覚があったのですが、画像を見るとよくわかりますね。

 

ウエストも4.5センチ減です!

 

 

生活習慣はそのままで、サプリメントを追加しただけです。

 

1カ月で効果を実感できたので、正直驚きました。

 

糖質制限と適度な運動も続けていますが、シボヘールをやめるとまた元に戻りそうなので、現在も続けて飲んでいます。

 

今、3袋目に突入したところですが、順調にウェストも減り、体がすっかり軽くなりました。

 

これからも健康維持のために当分飲み続けようと思います。

 

シボヘールで実際に効果を感じているので、私と同じように腹の出ている会社の同僚にも勧めています。

 

 

内臓脂肪に効く葛の花由来イソフラボンとは

葛の花由来イソフラボンって何?

そもそも葛というのは、秋の七草の一つに含まれるマメ科の植物。

 

風邪薬で葛根湯というのをお聞きになったことがありますよね。

 

これは葛の根の部分を使ったもの。

 

葛餅なんかもそうですね。

 

「葛の花」と聞くと、ちょっとピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、実は意外とポピュラーな植物です。

 

葛の花には大豆でもよく耳にする「イソフラボン」が多く含まれていますが、葛の花由来イソフラボンというのは、その中のテクトリゲニン類と呼ばれるイソフラボンのこと。

 

これは葛特有のイソフラボンです。

 

実は、最近の研究結果で、この葛の花由来イソフラボンに、内臓脂肪を減らす働きがあるということが判明。

 

消費者庁は、2016年3月、葛の花由来イソフラボン35mgを配合した粉末飲料に「ウエストサイズやお腹の脂肪が気になる人に適する食品」としてトクホの表示を許可しました。

 

そして、今、葛の花由来イソフラボンを配合し、機能性表示を許可されたサプリは、

 

「ぽっこりお腹を何とかしたい!」
「ウエスト周りをすっきりさせたい!」
「体重を減らしたい!」

 

という方々の内臓脂肪を減らすサプリメントとして、注目を集めているというわけです。

 

葛の花由来イソフラボンがなぜ内臓脂肪を減らす?

葛の花由来イソフラボンには次のような作用があると言われています。

  • 脂肪合成抑制
  • 脂肪分解活性化
  • 脂肪燃焼活性化

 

・・・と言われても、ちょっとよくわかりませんよね。

 

少しかみくだいてご説明しますね。

 

脂肪合成抑制とは

内臓脂肪を増やす材料を作らせない!

内臓脂肪,サプリ,減らす,落とす,皮下脂肪

そもそも内臓脂肪が増える原因は、食べ過ぎや運動不足によるエネルギーの過剰摂取です。

 

特に、30代以降になると、基礎代謝量も落ち、若い頃と同様に食べたり飲んだりしていると、すぐカロリーオーバーに。

 

余ったエネルギーは、肝臓で中性脂肪に合成されてしまいます。

 

この中性脂肪は内臓脂肪の材料。

 

合成されればされるほど、小腸をはじめとした内臓に脂肪がくっついて、ぽっこりお腹が形成されていきます。

 

葛の花由来イソフラボンは、この内臓脂肪を増やす材料作りをストップ

 

肝臓に働きかけて、余ったエネルギーが中性脂肪に変わるのをじゃましてくれるので、新たな内臓脂肪を予防できるというわけです。

 

脂肪分解活性化とは

蓄積された脂肪を分解する!

新たな内臓脂肪を阻止しても、今まで蓄積された内臓脂肪を落とさないことには、お腹周りはすっきりできません。

 

実は、葛の花由来イソフラボンは、内臓についてしまった脂肪の分解にも一役買っています。

 

脂肪の塊を小さな脂肪酸という物質に分解して、エネルギーとして消費させるための準備をしてくれるわけです。

 

脂肪燃焼活性化とは

脂肪酸をしっかり燃やす!

脂肪酸に分解したら、今度はしっかり燃やさないといけません。

 

この脂肪酸を燃やす働きをするのが褐色脂肪細胞というもの。

 

褐色脂肪細胞は主に脂肪酸を燃やす働きをする細胞で、葛の花由来イソフラボンはこの働きをサポートする効果があることがわかっています。

 

もともと褐色脂肪細胞は肩甲骨周辺などの限られた場所にしかない細胞。

 

しかも、加齢とともに減少していきます。

 

これも年齢が進むと内臓脂肪がつきやすくなる原因です。

 

葛の花由来イソフラボンで褐色脂肪細胞をサポートしてあげることで、より脂肪酸を燃やしやすくなり、結果、内臓脂肪を減らすことができるというわけです。

 

 

葛の花由来イソフラボンの効果のほどは?

BMI25以上の肥満気味の男女を対象とした臨床試験によると、葛の花由来イソフラボンを摂取した人のほうが、摂取しない人に比べると、明らかに内臓脂肪の減少が見られたそう。

 

どのくらい内臓脂肪が減ったかというと、3カ月摂取して、平均で8cuの減。

 

 

8cuを体積に換算すると、何と、ピンポン球7個分もの内臓脂肪を減らすことができたという研究結果が出ています。

 

しかも、それに伴い、ウエストは平均で0.8cmの減、体重は平均で1kgの減と、驚きの効果です。

 

臨床試験で効果が実証済みというのも、今までのダイエットサポートサプリとは違う点ですね。

 

葛の花由来イソフラボンの1日の摂取量は?

前述した臨床試験では、葛の花由来イソフラボンを1日に42mg摂取して行われています。

 

ただ、より少ない摂取量で内臓脂肪やウエスト周りが減少したという研究結果もあり、大体1日、35mg〜42mgが摂取できるサプリメントが主流です。

 

葛の花由来イソフラボンの副作用はない?

葛の花由来イソフラボンは、以下の項目の安全性を全てクリア。

 

副作用もなく、安全な成分です。

  • 急性毒性及び亜慢性毒性の評価
  • 遺伝毒性の評価
  • エストロゲン様作用の評価
  • ヒト安全性試験

特にヒト安全性試験では、過剰摂取や長期摂取で健康への悪影響が出ないことが確認済み。

 

頑固な内臓脂肪で長期間、サプリメントの摂取が必要な方も安心して続けられます!

 

皮下脂肪には効果ない?

女性の場合、肝臓で合成された中性脂肪は、内臓につく内臓脂肪よりも、皮膚の下につく皮下脂肪になりやすいと言われています。

 

では、皮下脂肪に葛の花由来イソフラボンは効果がないのかなと心配になりますよね。

 

実は葛の花由来イソフラボンは皮下脂肪の減少にも有効

 

前述した臨床試験では、皮下脂肪も平均で13cuの減少が確認されています。

 

葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪を減らすだけでなく、皮下脂肪の減少にも効果があるというわけです。

 

内臓脂肪を減らすサプリメント

 

葛の花由来イソフラボン配合のサプリメントで、ズボンのサイズ、しっかり下げていきましょう!

 

内臓脂肪を減らすサプリTOPへ戻る

 

内臓脂肪を減らすには

内臓脂肪が増え、中性脂肪がたっぷりと収納されるようになると、脂肪細胞が膨れ上がります。

 

すると、細胞自体が炎症を起こし、悪玉アディポサイトカインという生理活性物質が体内にたくさん分泌されるようになります。

 

アディポサイトカインというのは善玉もあり、本来的にはインスリンの働きを助けたり、脂肪の燃焼を促進したり、動脈硬化を改善したりと、病気発生の予防に役立つ物質ですが、悪玉はその逆。

 

悪玉アディポサイトカインが増えると、インスリンの働きが悪くなるので、糖や脂質の代謝がうまくできなくなり、血圧も上昇。

 

内臓脂肪が生活習慣病の元と言われるのはこのためです。

 

放っておくと、糖尿病や脂質異常症など、生命にかかわる重症な病気へと発展してしまうので、ぽっこりお腹が目立ってきたら、早急に対処する必要があるというわけです。

 

上記では、内臓脂肪を減らすサプリメントをご紹介しましたが、サプリメントはあくまでも補助的に活用するもの。

 

こちらからは、食事や運動など、内臓脂肪を減らすための具体的な方法についてご紹介していきます。

 

内臓脂肪を減らす食事法

 

内臓脂肪を減らすために一番注意しなければいけないのはやはり食事。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて比較的落ちやすい脂肪と言われていますが、それでも運動すればすぐに落ちるかというと、現実的にはなかなか難しいです。

 

やはり主軸は食事のコントロール。食生活を見直すことから始めましょう。

 

どこからやるかというと、以下の5つを今までの食事から外すだけ。

 

  • 炭水化物
  • 砂糖
  • 油脂
  • アルコール
  • 午後3時以降の果物

 

これらの食べ物を一切口にしないようにすれば、内臓脂肪は減少していきます。

 

とはいえ、この中でどうしてもやめられないものがありますよね。

 

男性の場合、恐らくアルコールという方が多いのではないでしょうか。

 

全て禁じてしまうとストレスの元になってしまうので、ビールならカロリーオフのビール、甘いものならカロリー低めのゼリーなど、代替アイテムを見つけていきましょう。

 

(私はアサヒスーパードライを夜飲むことが毎日の楽しみでした。泣く泣く淡麗のプラチナダブルに変えましたが、これが結構旨かったです。値段も安いし、節約にもなりました。)

 

ちなみに脂質の少ない赤身肉はOK。

 

ご飯で満たせない空腹感は、牛や豚のモモ肉やヒレ肉、鶏の胸肉やささみで乗り切りましょう。

 

ゆでたり、蒸したりといった調理法が理想ですが、「焼きたい!」、「揚げたい!」という欲求に襲われたときは、トクホの植物オイル、リセッタでの調理がおすすめです。

 

内臓脂肪を減らす運動

 

食事制限に加えて行いたいのが有酸素運動。

 

短距離のように瞬間的に力を使う無酸素運動ではなく、軽いジョギングやウォーキングなど、長く続けられる運動です。

 

有酸素運動をすると、そのエネルギー源として内臓脂肪が使われるので、脂肪燃焼に効果的というわけです。

 

そこで気になるのが、どのくらいの運動をすると、どのくらいのカロリーを消費できるかということ。

 

これはMETs(メッツ)を使うと簡単に計算できます。

 

METsというのは運動強度を示す単位で、消費カロリー算出には以下の計算式を使います。

 

METs×体重×時間×1.05=消費カロリー

 

体重70キロの人が4メッツの運動を1時間行うと、

 

4×70×1×1.05=294kcal

 

消費できるということになります。

 

といっても全くイメージがわかないと思いますので、簡単に表にしてみました。

 

運動するときの目標にもなるので、ぜひ参考にしてください。

 

有酸素運動メッツ表

METs 感じ方 運動状態
1メッツ 何ともない 座った状態で安静
2メッツ 何ともない 立った状態で安静
3メッツ めっちゃ楽チン 普通に歩く
4メッツ 楽チン 速めに歩く

風呂掃除をする
ラジオ体操をする
普通に自転車をこぐ
普通に階段を上る

5メッツ ちょっとキツい 超速めに歩く

背泳ぎをする
ゆっくり縄跳びをする
床を拭く

6メッツ キツくなってきた 軽くジョギングする

速く自転車をこぐ
速く階段を上る
ハイキングに行く

7メッツ キツー! 荷物を背負って登山する

サッカーをする
がっつりジョギングする

8メッツ めっちゃキツー!! 時速20キロぐらいで自転車をこぐ

分速130mぐらいでランニングする

 

もちろん運動強度が高いもののほうが消費カロリーも大きいのですが、初めから飛ばすと続きません。

 

内臓脂肪を減らすためには、毎日、運動を継続して行うことが大切。

 

4メッツぐらいの運動を平日毎日、トータル1時間ぐらい、そして休日に5メッツ、6メッツの運動を取り入れる方法だと、体に負担も少なく、続けられるかなと思います。

 

内装脂肪対策は早めが肝心

30代、40代になってくると基礎代謝が落ちて内臓脂肪がつきやすくなるもの。

 

自分はまだ大丈夫と思って油断すると、あっという間にメタボ体型になってしまいます。

 

内臓脂肪が気になり始めたら、まずは食事を見直すこと。

 

そして、適度な運動を取り入れ、補助的に内臓脂肪を減らすサプリメントを活用すると、比較的早くぽっこりお腹を解消できます。

 

私の体験では、お腹周りがスッキリすると、思った以上に体が軽くなり、いろんな意味でポジティブになれます。

 

生活習慣病を回避して、これからの高齢化社会を健康に、そしてアクティブに生き抜いていくためにも、早めの内臓脂肪対策を行っていきましょう!

 

内臓脂肪を減らすサプリTOPへ戻る

 


PVランキング